専業主婦でも借りれる楽天銀行カードローン

主婦・専業主婦の方がお金を借りる場合どうすればいいのか?そして何処から借りればいいのか?

主婦の方で疑問に思っている方は多いんではないでしょうか?そこで、主婦の方にお勧めのローン会社を紹介しますね。

ローン会社と一言でいっても、数えきれないぐらいあるんですが、中でもお勧めなのが、楽天銀行から発行されているカードローン(スーパーローン)です。

こちらの楽天銀行カードローンは、専業主婦の方でも利用が可能となっている点が大きなポイントです。

というのも、本来専業主婦の方はカードローンなどからお金を借りるのが難しくなっています。

通常カードローンは、収入のある方のみ利用が可能となっているからです。冷静に考えると当然の事ですよね。収入がない人にお金を貸しても、返済してもらえる可能性は少ないですからね。

なので、アルバイトやパートなど収入のある主婦の方であれば、借入できるカードローン会社は多いんですが、収入の無い専業主婦の方が借入できるローン会社は少なくなっています。

しかし、楽天銀行カードローンは、収入の無い専業主婦の方でも利用OKとなっているんですよ。

銀行カードローンの場合、総量規制といった法律対象外になるケースが多いため、専業主婦の方でも借入可能になる事があるんです。

楽天カードローンは、他のカードローンと比べても、金利が低金利設定となっているので利用しやすいといった点も特徴です。

ちなみに金利は、年14.5%となっていますよ。専業主婦の場合、融資額は最大50万円までとなっていますが、収入がない事を考えると、50万円も借りる事が出来るのであれば十分ですよね。

ローン=収入証明書の提出、といったイメージがあるかもしれませんが、提出は要りません。というか、専業主婦の場合、収入がないので提出できないですしね。

このように、楽天銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも借入可能となっているので、お金に困った際は利用してみるといいでしょう。

楽天ショッピングなどを利用する方で、楽天IDをお持ちの方は、申込みもスムーズに出来るので簡単ですよ。家族への連絡なども一切ないので、旦那さんに内緒にしておきたい…という場合でも安心して利用する事が出来ますよ。

他にも専業主婦でも利用可能なローン会社を紹介しておくので、色々と比較してみて下さい。

主婦でも借りられる金融

時間がかからない即日融資

あまり間を空けずに、何社ものキャッシング会社や金融機関などに、連続で新規キャッシングの申込をしていたケースでは、資金集めのためにそこかしこで資金の融通をお願いしているような、悪いイメージをもたれ、結局事前に行われる審査で不利な扱いをされる可能性が高くなります。

ご承知のとおりキャッシングの最初の申込は、同じもののようでも金利が低く設定されているとか、無利息で利子がいらない期間まで用意してくれているとか、キャッシングっていうものの個性は、それぞれの企業によって色々と違う点があるのです。

キャッシング申請

もしや当日振込だから即日キャッシングっていうのは、間違いなく事前審査をやると言っても書面の提出のみで、申込んできた利用希望者のことについて誤らずに調査確認していないに違いないなど、正確とは言えない考えなのではありませんか。

キャッシングの可否を決める事前審査では、申込者の1年間の収入とか、現在までの勤務年数などを特に注目しているわけです。今回の融資を申し込むよりずっと前に滞納してしまったキャッシング…これらはひとつ残らず、申込んだキャッシング会社に詳しく伝えられている場合があるのです。

借り入れ当事者が確実に返済していけるかどうか徹底的に審査をすることが大切なのです。確実に返済する可能性が十分にあると判断されたときだけに、マニュアルに従ってキャッシング会社は入金してくれるわけです。

特に大切な審査条件、それは、なんといっても融資を行う予定の個人の信用に関する情報なのです。仮に以前各種ローンの返済について、大幅に遅延したとか滞納、自己破産などの記録が残されていると、困っていても即日融資での貸し付けはできないのです。

事前に必ず行われる事前審査というのは、融資を希望している人の返済能力の有無に関する審査なのです。キャッシングによる融資をしてほしい人の勤務状態や年収によって、今回のキャッシングを認めてもいいと言える利用者かどうかということについて審査するわけです。

ずっと昔は、キャッシングの可否を決める審査が、最近とは比較にならないほど生易しかった時代が確実にあったのですが、現在は以前以上に、審査のときには、定められた通りの調査が徹底的に実施中。

キャッシングとローンの異なる点についてというのは、あまり時間をかけて考えていただく必要はちっともないわけですが、借金をする申し込みをする際には、完済までの返済についてだけは、きっちりと確かめていただいてから、活用すると失敗は防げるはずです。

新規申し込みによってキャッシングを考えているところなら、事前の下調べは大切になります。仮にキャッシングを利用することを決めて、必要な申込をお願いすることになったら、利子についても確認しておくこと。

時間がかからない即日融資を希望するというということであれば、インターネットにつながるパソコンを使って、あるいは、スマートフォンやガラケーを使っていただくとずっと手軽です。カードローンの会社が用意したページから申し込み可能です。

利用者が急増中の即日キャッシングの仕組みや概要だけは、知っているという人はとてもたくさんいますが、それ以上にどんなやり方でキャッシングの借り入れが行われるのか、細かいところまで理解している方は、珍しいでしょう。

どれだけ長く勤務しているかということと、今の住居ですんでいる年数は両方とも事前審査のときに確認するべき事項とされています。本当に職場の勤務年数や、現住所における居住年数の長さがそれほど長くないケースでは、どうしてもカードローンの審査において、不可の判断の原因になると思ってください。

気を付けないと同じ会社でも、パソコンやスマホを介したネットキャッシングのみ、すごくうれしい無利息キャッシングにすることができるケースも少なくないので、キャッシングの申込や比較をするときには、内容に加えて申込の方法や手順などについても事前に把握をしておきましょう。

申込んでいただいたキャッシングの審査のなかで、今の勤務場所にキャッシング会社から電話をされてしまうのは、回避できません。一般的には「在籍確認」といっていますが、その会社や団体、お店などに、勤務している人かどうかについてチェックする必要があるので、会社などに電話することで調査しているのです。

どうしても削れない冠婚葬祭費

毎月のお給料からもボーナスからも極力出来る限りの貯金をするようにしていますし、日々の生活の中で節約も心がけています。自分達家族の生活のおいてはきちんとやりくりが出来ているほうだと思っています。でも、自分達の意思とは関係なく起こる不測の事態に関してはやりくりのしようがありません。交際費や冠婚葬祭費です。

忘年会、送別会、歓迎会などが時期的に重なるとかなりの出費になってしまいます。でも、毎年の恒例のことなので、その時期の計画の予算に入れてやりくりが可能ですが、冠婚葬祭費はそうはいきません。金額的にも万単位の支出になります。同僚をはじめ、友人、知人が結婚の適齢期の時期だと毎月のように、多い時はひと月に何件も結婚式があったりします。一つの結婚式で3万円ほどを包むことが多いので、家計にのしかかる負担は相当なものがあります。素直に結婚を祝えない状況になってしまいます。正直言って、招待してほしくないです。つい、このお金で家族でレジャーが楽しめるのにと思ってしまいます。

普段わずかな金額の節約を気にかけてやりくりしているのに、こうして万単位での出費が続くと腹も立つし悲しくなってきてしまいます。人との付き合いも気が重くなります。自分の交友関係のほうはなんとか出来るとしても、主人の会社の関係者については出席しないというわけにはいきませんので、誰々が結婚しそうだ、という話に戦々恐々としています。頑張って節約して貯めた貯金から冠婚葬祭費が万単位で支出されていくのが悲しいです。他人のためにではなく、子供のために使いたいです。本当はおめでたい話を祝福しなければいけないんですが、あまりにも家計に負担となっているので喜べません。我が家での「お金に困る時」はどうしても削れない冠婚葬祭費が発生した時です。他にも金銭的にピンチの時はあるかもしれませんが、家族のために必要な支出は私にとって「困る」という状況ではありません。わずかですが貯金もあり、今まで、金銭面での切羽詰まった対策が必要となったことはありませんが、どうしてもお金に困った時は親を頼るしかないと思っています。そうならないようこれからも不測の事態にそなえられるようきちんと家計の管理をしていきたいと思います。

私の友人は総量規制対象外の消費者金融でお金を借りて生活をしている子がいます。

そうならないようにいつどんな出費があるかを考えてそれようの貯金はしておきたいえす。

すべてを自分で決める自営業

会社で雇われている人は一定の仕事が与えられますが、自営業は仕事を与えられるのではなく自分で見つけたり作ったりしていきます。一度自営業をしてみるとわかりますが、与えられた仕事をするということがとても簡単に思えてきます。何もないところから仕事を見つけて作っていく作業はとても難しく、さらに自営業を始めたばかりで無名の間は報酬が最低賃金以下になりやすいです。
仕事を見つけたり作ったりしようと思ったとき、実績のある人ならば助けてくれる人もいるでしょう。しかし、助けてはくれても仕事をするのは自分であり実力がなければうまくいきません。人から教わることを自分自身で吸収して、独自のやり方を作っていかないと通用しないでしょう。赤字になったとしても協力してくれた人たちへの感謝をしっかりしなければ、次第に自分の仲間も減っていきます。一人の能力だけでは限界がありますので仲間を大切にしない人は必ず失敗するでしょう。
自分に仕事の実績があれば報酬もしっかりもらえますが、無名の状態であれば始めに実績づくりをするために安い報酬で仕事を頑張っていかなければいけません。最低賃金よりはるかに安い段階から頑張らなければ、自分の仕事を世間に知ってもらえる可能性は低いです。お金は常に金欠状態になりますが実績のない人にお金を貸してくれる人もいません。仮にお金を借りたとしても、本当に自営業でどこまでやっていけるのかを考えると、お金を返せない場合が多いでしょう。個人事業主がお金を借りれるところ・・・個人事業主借り入れ
仕事がうまくいかなくなり自分の中で追い詰められていたとしても、自営業の場合は自分で答えを見つけなければならないのです。人に雇われていると精神的にも楽で言われた仕事を頑張ればお金がもらえます。常に期待と不安でいっぱいになっていて、仕事の時間とプライベートの時間が一緒になるのが自営業です。成功する人もいれば失敗する人もいますがどんな状態になっても自己責任で頑張らなければいけません。

 

私の一番の出費のもと

女性にとって、出費のもとは、やっぱり美容と洋服になると思います。

私も特に、浪費をしているわけでもなく、なるべく抑えているつもりでも、やっぱり毎シーズン新しい洋服を見るたびに、欲しくなるし、化粧品は、消耗品だから買い続けないといけないし。

洋服は、今はユニクロやファストファッションなどもかわいいし、いいものがあるからとても助かります。
ただ、それでも月にすると2万円は使っていると思います。それでも頑張って抑えているほうなんですが。

子供がいてもやっぱり、自分だってオシャレもしたいのが本音だと思います。

やっぱり、友達とかママ友と会うときなんかは、毎回同じものを着ているところは、見られたくないし、程よく流行とかも入れておきたいので。どうしても、出費が抑えるのは、難しいです。

化粧品は、一度買えばある程度は、ずっと使えるので、大丈夫なんですが、なぜかだいたい同じ時期にいろんなものが使い終わって買わなくたては、いけないことに。

化粧水やファンデーションなどを買わなくちゃいけない時は、痛い出費です。いつもより、1万円位多く出費になってしまいます。

私は、専業主婦なので、お給料というものがないので、とにかく旦那の稼ぎから、うまくやりくりして、洋服と化粧代に回すしかないのですが、最近では、時間を見つけてライターのバイトなどもしています。これは、かなりありがたいです。

1回の値段は、安いのですが、いつでも自分の都合に合わせてできるのと、旦那にもばれずにできるのがとてもいいです。最近では、テレブを見ている時間があるなら、ちょこちょことライターのバイトを探して記事を書いて1ヶ月7000円くらいは、なります。

普段は、このお金には、手をつけずに、どうしても何か欲しい時に使うようにしています。チリも積もれば、かなりの山になります。

若いころに、買い物のし過ぎで消費者金融からお金を借りたことがあります。その当時は今と違って、金利も適当な部分があったので、多く支払いすぎていました。いわゆる「過払い」といったやつですね。

その後、過払い請求をして、払いすぎた金利を返してもらえました。買い物したさにお金を借りる・・・あの時はちょっとどうかしてましたね。

でも今も借りれるものなら借りて買い物してしまいそうですが。。。ちなみに過去に過払い請求をしていてもローンって組めるのかな?

別に借りるわけじゃないんだけど、ちょっと気になるから調べてみました。

過払い請求後借入

どうやら、特に問題なく借りる事が出来るみたいですね。最悪困った時は利用してみようかなと思ってます。

困った時には助けてもらおう

我が家は自営業の為、主人が病気で二週間程入院する事になり一月のお給料がガクンと減ってしまいました。

それに加えて入院費が重なりかなり家計を圧迫してしまいました。子供がまだ小さく私は働いていなかった為かなり、困りました。

そんな時に役に立ち便利だったのがポイントもつくクレジットカードでした。それまでは、あまりカードでの買い物はしていなかったのですが食べていかなくてはなりません。

返済月はきついですが、元気になったら返せると思い乗り切りました。

後は、実家の両親も年金暮らしの為あまり甘える事は出来ませんでしたが主人の入院中は子供をみてもらったり泊めてもらったりして助けてもらいました。

その間だけでも光熱費も節約できました。体を大切にしないといけないと思いました。